外壁塗装で新築に負けない住宅に~外壁から蘇る魔法~

一軒家

定期的に行なう

雨漏りの防止のためにも定期的なメンテナンスを

雨漏り

雨漏りには目に見えるものと目に見えない2つが有ります。 知らない内に建物内部に雨水が浸入してしまい、建物の木材や金属などの建材を腐食させてしまうものが有ります。 木材が腐り、接続金具や釘が錆びついています事で建物の耐久性についても悪影響を与えるため早目の雨漏り修理やメンテナンスが必要になるのです。 テレビを見ている時など、何気に天井を見上げると天井に雨水が浸入した形跡があったり、雨水が垂れてくる場合は直ぐに雨漏り修理の対応を考えますが、目に見えない部分で起きているものは症状が現れない限りは見つけ難いものとなりますので、気が付いたら雨漏りが進行していたと言うケースも多いと言います。 そのため、住宅は定期的なメンテナンスを行う事が大切なのです。

雨漏りは外壁からの雨水の浸入のケースも有ります

大雨が降った時や台風で大雨が降っている時など、天井から雨水がしたたり落ちてくる場合、人は住宅に屋根に穴が開いてしまい、そこから雨水が室内へと流れ天井からポタポタと水がたれて来ると言うイメージを持ちますが、雨漏りは必ずしも屋根からだけではなく、住宅の外壁からの雨漏りも存在しているのです。 雨漏り修理を行う業者は、雨漏り修理の実績を多数持つ業者であれば、どこから雨水が浸入しているのかを調べた上で修理対応をしてくれます。 また、外壁に使われているコーキング材が劣化していたり、外壁にひび割れが起きていると、そこから雨水が浸入するケースも有りますし、外壁が劣化している場合などでは雨漏り修理を行うと同時に外壁塗装工事を併せて行う事で雨漏りの対策にも繋げることが出来るのです。