外壁塗装で新築に負けない住宅に~外壁から蘇る魔法~

一軒家

劣化を直す

おかしいと感じたらシロアリ駆除を

庭

廊下の軋みや歪みを感じるようになると、神戸の住居の劣化と同時にシロアリ被害を想起することも必要ではないでしょうか。廊下の使用頻度は生活の反映と言っても過言では有りません。そのための変化には違いないのでしょうが、ほとんどが多年に渡る床下の湿気を帯びたことが原因のことが多いようです。根太と根太の間隔の強度が落ち、ときにトランポリン状態になることがまま見受けられます。しかし、ここで見逃してはならないことは、この湿気の度合いです。カビやその臭気、地面の濡れ加減、これが一つの診断になり得ます。なお日当りの悪い立地物件の場合には、床下に茸を繁殖させたりする住宅も有るほどで、よほど酷い湿気が見受けられ、これが常態化していると思われる場合、明らかにシロアリの食害を表面からも確認できたりするものです。シロアリ駆除は、この時点で必須であり、有効な対処をしなければなりません。シロアリは水気をたっぷり吸ったレアのような木の中の柔らかい部分が好物であり、旺盛な食欲を発揮します。湿気対策と同時に、シロアリ駆除はこの習性を利用し、木部や巣を作る土壌に対処して即効の投薬を注入して初めて効果を上げるものなのです。

シロアリ駆除には何より、換気が一番。

気密性やエクステリアに配慮した住環境のトレンドは、見た目の重視に有るようですが、必ずしも建物自体に良い結果を反映できるものばかりではないようです。 日本の四季に、多湿な気候にマッチした理想のエクステリアは、やはり、通気を取り入れた和風の建築に見られのではないでしょうか。高床式の住宅には、人がらくらくと出入りしたり、間仕切りを外すと風が縦横に吹き抜けるほどの間取り、シロアリ駆除などほとんど聞かないほどでした。もちろん、神戸ではシロアリは昔から生息し、その食害被害が無かった訳ではないでしょう。床下から上がる湿気、密閉した生活空間が作る寒暖の差から生じる結露など、風が吹き抜ける住まいには、無縁に近いものです。シロアリは悲鳴を上げることでしょう。 現代の快適を追求する住環境においては、シロアリ駆除の初手として、人ができる有効なものこそ、この風の利用に他なりません。シロアリは湿気を帯びた温かな住宅を好むと言う点で、ゴキブリと類似すると言われます。くれぐれも、心に留めたいものです。神戸の住宅をより華やかにしたいのであれば、エクステリアを専門に工事してくれる業者を利用する必要があります。神戸のエリアによってそれぞれ適したエクステリア工事、住人の理想に合わせたエクステリア工事ができる業者を見つければ、安心して任せられます。